一般社団法人東京滋賀県人会

湖東

近江ヴォーリズ建築の旅―青い目の近江商人ウィリアム・メレル・ヴォーリズと一柳満喜子 高島市編

公開日 : 2020.12.10
近江ヴォーリズ建築の旅―青い目の近江商人ウィリアム・メレル・ヴォーリズと一柳満喜子 高島市編

近江ヴォーリズ建築の旅―青い目の近江商人ウィリアム・メレル・ヴォーリズと一柳満喜子 はじめに

◎高島市のヴォーリズ建築

①今津ヴォーリズ資料館(旧百卅三銀行今津支店)(トップ写真)

湖岸から続くヴォーリズ通りと呼ばれる所に、1923(大正12)年建築の鉄筋コンクリート造二階建の建物です。百三十三銀行と八幡銀行が合併し滋賀銀行今津支店となりました。その後1978(昭和53)年に銀行が移転した為、町立図書館となり、2003(平成15)年ほぼ建設当初の姿に修復されると伴に、耐震構造強化も図られ、現在はヴォーリズ資料館として新たな保存活用が図られています。運営に係る女性グループによりカフェも設けられ多くの人が訪れます。建物は、鉄筋コンクリートによる柱梁構造に、壁面を煉瓦積みしています。西洋古典様式を継承した意匠で纏められ、正面中央の玄関を挟む二本の柱は略式のトスカナ式(溝彫のない)柱頭を付けています。国の登録有形文化財となっています。
(所在地:高島市今津町今津175)

3 つの建物があるヴォーリズ通り

②日本基督教団今津教会(旧今津基督教会館)

今津ヴォーリズ資料館を出て暫く行くと右手に、1934(昭和9)年に建てられた木造平屋建、外壁モルタル塗、瓦葺の教会があります。建物は、ほぼ正方形の聖堂を中心に、北に講壇、南に玄関ホールを置き、四隅に事務室、図書室等を配します。正面に大きな妻面を見せ、頂部に塔屋をあげた明朗で印象的な外観を持ちます。国の登録有形文化財となっています。伝道船ガリラヤ丸での湖上伝道により出来た教会です。門柱には今津幼稚園の看板があり、牧師さんの案内で中に入れて頂くと、ホールには大きな積み木が隅にありました。
(所在地:高島市今津町今津1650-1)

日本基督教団今津教会

教会内の今津幼稚園

③旧今津郵便局

今津教会を出て暫く行くと右手に、1936(昭和11)年建築の旧今津郵便局があり、旧家出身の前川理平によって開設されました。建物は、木造二階建、切妻造桟瓦葺、妻入で、正面に切妻屋根で半円アーチの玄関を突出させ、コテージ風持送りを付し、外壁はスタッコ塗で正面妻壁は下見板張とし、窓は縦長の木製ガラス窓としています。内装や建具等も良好に残る愛らしい姿の郵便局舎です。建設以降1978(昭和53)年迄郵便局舎として使われ、その後倉庫として使用され、2013(平成25)年に「ヴォーリズ今津郵便局の会」が発足、地域住民を中心とした保存再生活動が始まり、2015(平成27)年から公開されています。国の登録有形文化財となっています。
(所在地:高島市今津町字辻川194)

旧今津郵便局

旧今津郵便局内部

また、前川理平は、1934(昭和9)年に前川邸自宅主屋を建築します。
(所在地:高島市今津町広川)

 

記事一覧へ戻る